ニュートリション・アクト メロングリソディン プロ

ニュートリション・アクト メロングリソディン プロ

販売価格: 9,612円(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細

メロン抽出物(メロングリソディン)とは、フランス・アビニョン地方にて生まれた、特殊なメロンから抽出された機能性成分です。このメロンは、日持ちするようにと自然交配による品種改良を重ね、果肉には通常のメロンと比較して7〜8倍もの抗酸化酵素が含まれています。

「メロングリソディン プロ」は、メロン抽出物(メロングリソディン)を高配合した栄養補助食品です。長年の原料販売・商品開発で培った知識技術を結集し、医療機関向けに開発しました。美と健康を頑張る方のベースサプリメントしておすすめします。

 

概要

メロングリソディン(GliSODin®)は、南フランス、アヴィニョン地方で栽培されているヴォークルシアン種を、特別に品種改良したメロンから抽出した抗酸化酵素(SOD)を、小麦抽出物のグリアディンでコーティングした、今までのSOD様物質とは全く違う特徴を持つ次世代抗酸化誘導素材です。
細胞と遺伝子の健康を守る3つの抗酸化酵素(SOD、GPx、Cat)を誘導することが確認されています。

■ヴォークルシアン種メロンとは

通常のメロンよりも3〜4倍腐りにくく、SODという抗酸化酵素が約7倍多く含まれている抗酸化メロンです。

 

■抗酸化酵素とは?

生体内に存在し酸化ストレスから細胞を守り、老化を防ぐ働きをする酵素です。様々な抗酸化成分の頂点に立ち、体内で強力な抗酸化システムを作り上げています。しかし、体に備わっている抗酸化酵素の活性は年齢とともに低下していくことが研究により報告されています。

 

開発背景

メロングリソディン(GliSODin ®)の開発の前身は注射薬剤です。
フランスやドイツでは医療分野でSODの研究が盛んに行われており、一部ドイツではリウマチ用の医薬品(Orgotein)としても上市されていました。当時のSOD原料は牛由来のもので、1990年代初頭に狂牛病の問題が発生したことにより、代替SODとして植物起源の研究がされるようになり、経口摂取での可能性も平行して検討されました。

SODを保護するキャリア物質として様々な物質が検討されておりましたが、その中で小麦のグリアディンと結合されて経口で摂ることにより生体のSOD活性が顕著に上がることが確認されました。
一方で、植物素材の中で、南フランス産のある品種改良されたメロンにより強いSOD活性が認められました。
その品種は、特に日持ちがするメロンとして開発されたメロンでした。
これにより、南フランス産のメロンと小麦のグリアディンが結合された抗酸化誘導素材メロングリソディン(GliSODin ®)が生まれました。

小麦のグリアディンは、メロンのSODを胃酸の消化から保護し、なおかつ、腸管の免疫細胞にメロンSODを取りこむ作用を促す機能をもっています。

メロングリソディン(GliSODin ®)の開発研究者が“神様から賜った組み合わせ”と言わしめる程に、この2つの素材の組み合わせは理想的なもので、世界で初めて体内の抗酸化酵素類を顕著に増やすことを可能にしています。